2013年08月28日

イタリアのクリスマス・・・

季節外れだが、イタリアのクリスマスについて紹介しよう。
私の部屋からの眺め。
IMG_0614.jpgIMG_0616.jpg

この素朴さが何とも言えない。中世の街並みとマッチしていて、とても幸せな気分にさせられる。
町の方ではもっと賑やかな電飾が飾られてあるが、日本のような都会的な感じではない。
教会や街中には、プレゼーペと呼ばれるイエスの誕生を模倣した飾りが置かれる。それは、小さいものから大きなもの、とても凝っているものと様々だ。ある街には、街中にマネキンが置かれ中世の生活を再現しているところがあったが、正直夜ひとりで歩いていると怖いものがあるあせあせ(飛び散る汗)

IMG_0604.jpgIMG_0608.jpgこれは、どこかの教会の中にあるものと、チェルタルドの古い井戸の上に飾られた小さなプレゼーペ。

クリスマス本番はイタリア人たちはどう過ごすかというと、23日は前祝い、24日は夜から食べ飲み始め、0時になる瞬間カウントダウンをしてイエス様の誕生日を街中で花火をあげて祝う。その後は飲んだり食べたりおしゃべりしたりして朝まで過ごす。その頃はレストランにいたので分からなかったが、家では23,24,25日は皆家族で過ごす。日本の正月のようだ。その代りイタリアの正月は友達や恋人と過ごす。

イタリアのクリスマスは、日本のように25日が過ぎると大慌てでお正月の飾りに変えたりせず、新年が明けて1月6日頃まで飾られてある。それは、イタリア人がのんびりしているからではない。その日は魔女の日と言って子供たちのもとへお菓子を届けに来るのだ。でも、悪い子には炭の色形をした砂糖菓子が届けられる。
そんなクリスマスの締めくくりとも思われる魔女が来たら、イタリア中のクリスマスモードは終わりを迎える。







posted by Lucita(ルシータ) at 10:55| ローマ ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

休日・・・


一週間に一度の休日を使って私は、いろんなところへ行った。
フィレンツェ、シエナ、サンジミニャーノ、たまに遠出してピサやボローニャにも足を運んだ。
働いていたレストランは、トスカーナ料理をシェフがアレンジしたものが多かった。
豆料理やPici(ピーチ)のパスタ、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナなど・・・

できるだけいろんな土地の料理を食べてみたいと思い、色々と回った。
まず、チェルタルドから一番近い観光地のサンジミニャーノでは初めて本場のリボッリータを食べた。
IMG_0316.jpg
カーボロネーロがとろっとろに煮込まれており、豆や野菜、乾燥したパンと一緒に煮込んだこの料理はボリュームもあり最高だ。

シエナでは、ミルツァと呼ばれる牛や豚の脾臓のクロスティーニ、ほうれん草とリコッタチーズのラビオリを食べた。私はあまりドルチェは食べないのだが、シエナではパンフォルテというたくさんの木の実を砂糖で固めたお菓子やリチャレッリというアマレットの入った伝統的な焼き菓子がある。
IMG_0380.jpgIMG_0381.jpg

ボローニャに行ったときは、初めて本場のボロニェーゼを味わった。さすがに感動する味だった。
やっぱり本場の味はその土地でないと作れない味なのだ。
IMG_0495.jpgIMG_0497.jpg

ボローニャはエミリア・ロマーニャ州にあり、20州あるイタリアの中でもグルメの州と言われている。
そのせいか、街の中を歩いてると吸い込まれるような食材屋が数多くある。店内に入るとパンチェッタやハムやサラミなどが賑やかに店内に吊るされてある。
IMG_0490.jpgIMG_0491.jpg








posted by Lucita(ルシータ) at 14:17| ローマ ☀| Comment(0) | 料理・食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の故郷・・・

IMG_0448.jpg
私が最初に働いたトスカーナのレストラン。〜Osteria del Vicario〜

私がイタリアで最初に生活することになった街Certaldo(チェルタルド)。
フィレンツェから電車で約1時間、シエナから約30分、塔で有名なサンジミニャーノからは10km程のところにある。トスカーナの風景が一望できる街だ。
イタリアの街は、たいてい古くからある街は高台にあり、その下に新しい街や駅がある。
このチェルタルドも古い街は少し高い位置にある。その一番上の教会の隣に私のいたレストランがある。
とても素敵な場所で、イタリアに来て最初にこの街に出会えたのは本当にラッキーだ。

IMG_0221.jpg
古い街から見えるトスカーナの風景と猫。

私はこのレストランの上に5部屋だけあるホテルの一室に泊まらせてもらっていた。
そこからの眺めも本当に最高で、毎日の生活が物語の主人公になった気分だった。
日本では食品会社に勤めていた私は、コックとして働くのは初めてだったので、仕事も言葉も分からない事だらけだったのだが、それは予想していたし、分からなければ分からないほど成長していく自分が嬉しく、楽しかった。

IMG_0194.jpg
部屋からの眺め(レストランの中庭)。

今思えば、あの1年間は日本での10年かそれ以上分の刺激と成長を私に与えてくれた。



posted by Lucita(ルシータ) at 00:08| ローマ ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。